計画相談支援

障害のある人が地域で自立した生活ができるよう、様々な支援サービスを各自治体で受けられますが、その際に「サービス等利用計画」を作成しなければなりません。 この書類を製作してくれるのが、指定特定相談支援事業者に所属する相談支援専門員です。 相談支援専門員が障害のある人の所へ訪問して、「どんなことに困っているか」「どんな生活がしたいのか」など聞き取り調査を行い、サービス等利用計画案を作成します。 サービスを受けるための事業者選びもしてくれますので、どんなことでも相談してみるといいといいでしょう。心強い存在になってくれるはずです。


計画相談支援を行っている事業所の情報は、お住いの自治体の福祉窓口で得られます。計画相談支援は無料で受けることができます。

計画相談支援のサービス

サービス等利用計画が必要な主なサービスは下記の通りです。

訪問サービス

居宅介護、重度訪問介護、重度障害者等包括支援、同行援護

日中の活動の場

療養介護、生活介護、自立訓練、就労移行支援、就労継続支援A型、就労継続支援B型、就労定着支援、放課後等デイサービス

住まいの場

短期入所、施設入所支援、共同生活援助、宿泊型自立訓練、地域移行支援、地域定着支援、自立生活援助、居宅訪問型児童発達支援